エネルギー政策節約法(読み)えねるぎーせいさくせつやくほう

世界大百科事典内のエネルギー政策節約法の言及

【備蓄】より

…このシステムについては,果たして緊急時に間に合うかどうか疑問とされ,緊急時が発生する以前の〈ミニクライシス〉の段階で備蓄の取崩しを行うことが重要とのアメリカの主張を受けて,現在IEA内で検討されている。 石油の供給途絶に対する対策としての石油備蓄についてアメリカでは,1975年〈エネルギー政策節約法(EPCA)〉において連邦石油備蓄が規定され,78年には同法に基づき,10億バレルの〈戦略石油備蓄(SPR)〉を保有することが決定され,実行に移された。その後,石油需給関係の緩和という事情もあり,目標は7.5億バレルに引き下げられた。…

※「エネルギー政策節約法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android