コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エビラシダ えびらしだ

世界大百科事典内のエビラシダの言及

【ウサギシダ】より

…イワウサギシダG.jessoensis (Koidz.) Koidz.は石灰岩地や蛇紋岩地によく生え,他の種が生育できない場所によく耐えて生きている。エビラシダG.oyamense (Bak.) Chingは関東から四国にかけて深山でまれに見つかる愛嬌のあるシダで,葉面の構成の違いなどを重視して独立属の取扱いをすることもある。【加藤 雅啓】。…

※「エビラシダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android