エブラ文書(読み)えぶらもんじょ

世界大百科事典内のエブラ文書の言及

【エブラ】より

…最古層のI層に前約3500‐前約2900年,VII層に後3~7世紀の年代を与えている。テルの中央に径約170mのアクロポリスがあり,ここで発掘されたIIB1層(前約2400‐前約2250)に属する宮殿Gにおいて,北西セム語で書かれた約1万7000枚にのぼる粘土板文書が発掘され,これらの〈エブラ文書〉により古代の文書庫における収蔵方法のみならず,都市における管理体制,メソポタミアとの政治的な関係などが明らかになりつつある。この宮殿Gはアッカドのナラムシン王に破壊されたようである。…

【シリア】より

…これはシリア史上まれにみる帝国であった。ここから出土した多数の粘土板文書(〈エブラ文書〉)は当時の歴史ばかりでなく,旧約聖書の族長伝説との関係でも議論を呼んでいる。前2000年ころから起こったアモリ人の定着運動は,第1にアレッポに強大な王国を成立させ,オロンテス川流域にアララクという都市を築いた。…

※「エブラ文書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android