エポーレット(読み)えぽーれっと

世界大百科事典内のエポーレットの言及

【軍服】より

… 海軍士官は西欧の例に準じて数種の服を使い分けた。大礼服は三日月形の大礼帽と金のエポーレット(正肩章)をつけた立襟燕尾服,金線と識別線入りの剣帯,長剣の一揃で1873年に定め,小改正を経ながら1938年まで,皇居へ参内する時や祝日,そして自家の賀儀葬祭など重い行事に着用した。着る機会の少ない夜会服は1893年に廃止した。…

【袖】より

…大きな袖や詰物でふくらませたものは,身ごろとは別仕立てであった。袖は身ごろにあらく綴じつけられ,エポーレットという飾り布で覆って見苦しさを隠した。 近代に入って女性の胴衣(ボディス)は身ごろ続きの裁出しの袖となったが,17世紀後半の男子服のジュストコルには,現在,最も基本的な袖付けとなっている,袖ぐりに合わせたセット・イン・スリーブズset‐in‐sleevesの技法が見られた。…

※「エポーレット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android