コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エマティオン(読み)えまてぃおん

世界大百科事典内のエマティオンの言及

【ティトノス】より

…エオスに愛され歓楽の時を過ごしていたが,エオスがゼウスに恋人の不死を乞い受け入れられたが,不老を求めるのを忘れたため,老い衰えてついには声のみとなり果て,蟬(せみ)に変じたという。二人の間にはエマティオンĒmatiōnとメムノンが生まれ,後者はエチオピア王になった。【水谷 智洋】。…

※「エマティオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる