コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エラム人 えらむじん

世界大百科事典内のエラム人の言及

【バビロニア】より

…先に王の神格化がナラムシンに始まったことに触れたが,この傾向はウル第3王朝期にいっそう徹底し,シュシンの場合のように在位中に王の神殿が建てられたり,これまで神をたたえるためにのみ用いられてきた賛歌の形式が王にも用いられ,多くの王賛歌が作られたりした。 ウル第3王朝滅亡の直接の原因はエラム人の侵攻であったが,間接的にはアモリ人(アムル人)の侵入も一因となった。このアモリ人は,西方セム系の民族で,シリアのビシュリ(バサル)山のあたりに興ったといわれるが,ウル第3王朝期に,最初は傭兵や農業労働者として平和的に南メソポタミアに移住してきた。…

※「エラム人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エラム人の関連キーワードメロダク=バラダン2世アッシュール・バニパルアッシュールバニパル古代オリエント文明チョーガ・ザンビルメソポタミア美術バビロン第2王朝ハンムラビ法典カッシート人キュロス2世アッシリア学ウル第3王朝ナラム=シンセンナケリブイビ=シンリム=シンシュメールグティ人ヤペテ人エラム語

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android