エルツ舵(読み)えるつかじ

世界大百科事典内のエルツ舵の言及

【舵】より

…単板舵では舵の前端(船に近いほう)を回転軸とする形式の非釣合舵が多く,このような舵では舵板を回転させるのに大きなモーメントを要するが,釣合舵では舵軸にかかるモーメントが小さく,操舵機の馬力を小さくできる利点がある。エルツ舵は,全体としては流線形であるが,前方の約1/3は固定され,後方の部分のみが可動となっており,舵に働く力の一部を固定部に受けもたせることにより,操舵機の馬力を小さくできる,大舵角まで失速を起こさないなどの利点がある。反動舵は舵板の前縁につけた翼形の鰭(ひれ)でスクリュープロペラ後流のねじれを整流して舵自身に推進力を発生させ,船の推進力を増大させるもので,同様に,スクリュープロペラ後流を整流し推進効率を高めるために,舵柱の前端に上下逆のねじれを与えた舵をコントラ舵と呼ぶ。…

※「エルツ舵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android