コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンガンチェ制(読み)えんがんちぇせい

世界大百科事典内のエンガンチェ制の言及

【ペオン】より

…19世紀後半のペルーにおいても,沿岸部の商品農業(とくに糖業)の発展に伴い,前貸しによる労働契約制度が一般化した。これは山岳部地方の原住民共同体からの集団的な労働力の徴集であり,エンガンチェ制engancheと呼ばれており,このアシエンダにおける農業労働者もペオンと呼称されている。【辻 豊治】。…

※「エンガンチェ制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android