コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンザンヤモリ えんざんやもり

世界大百科事典内のエンザンヤモリの言及

【ヤモリ(守宮)】より

…樹皮や板壁の隙間をすみかとして昼間は隠れているが,夜には灯火の周辺に集まって昆虫,クモなどをとらえる。南西諸島にすむものは原則として野外の森林などにすみ,形態的にも違いがあって,中国南東部のエンザンヤモリG.hokouensisと同種に考えられることもある。年に1~2回産卵し,1回に2個を壁などにくっつけて産む。…

※「エンザンヤモリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android