エンタルピー最小の原理(読み)えんたるぴーさいしょうのげんり

世界大百科事典内のエンタルピー最小の原理の言及

【エンタルピー】より

…内部エネルギーをU,圧力をp,体積をVとしたとき,エンタルピーHHUpVによって定義される。圧力一定という条件での平衡状態は,エンタルピー最小の原理によって決定されるが,これはエントロピーをSとするとdHTdSVdpの関係式が成立することから導かれる(Tは絶対温度)。エンタルピーという言葉は,1909年カメルリン・オンネスによって,温まるという意味のギリシア語enthalpeinにちなんで命名されたもので,一定の外圧のもとで系が吸収する熱量を表すために用いられた。…

※「エンタルピー最小の原理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android