コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンドルフィン類 えんどるふぃんるい

世界大百科事典内のエンドルフィン類の言及

【タンパク質分解酵素(蛋白質分解酵素)】より

… 脳内には種々の生理活性ペプチドが存在し,それが神経伝達物質として働いていることがわかってきた。この中でも特に注目されるのはモルヒネ様の鎮痛効果を示す一群のペプチド(エンドルフィン類)である。このうちの一つにメチオニンエンケファリンという物質があるが,これはチロシン‐グリシン‐グリシン‐フェニルアラニン‐メチオニンという構造をもった重合度の低いオリゴペプチドである。…

※「エンドルフィン類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エンドルフィン類の関連キーワード化学伝達物質

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android