エンドルフィン類(読み)えんどるふぃんるい

世界大百科事典内のエンドルフィン類の言及

【タンパク質分解酵素(蛋白質分解酵素)】より

… 脳内には種々の生理活性ペプチドが存在し,それが神経伝達物質として働いていることがわかってきた。この中でも特に注目されるのはモルヒネ様の鎮痛効果を示す一群のペプチド(エンドルフィン類)である。このうちの一つにメチオニンエンケファリンという物質があるが,これはチロシン‐グリシン‐グリシン‐フェニルアラニン‐メチオニンという構造をもった重合度の低いオリゴペプチドである。…

※「エンドルフィン類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android