エンマコムギ(読み)えんまこむぎ

世界大百科事典内のエンマコムギの言及

【コムギ(小麦)】より

…二粒系コムギには野生種のT.dicoccoides (Körn.) Schweinf.と約7種の栽培種があり,野生種はパレスティナおよびイラン,イラク国境のザーグロス山脈山麓とトルコ南東部に分布する。栽培種は多型的でもっとも原始的なエンマコムギT.dicoccum Schübl.(イラスト)は現在イラン,エチオピア,ユーゴスラビアおよびスペインにわずかに栽培されているにすぎない。しかしマカロニコムギ(デュラムコムギともいう)T.durum Desf.(イラスト)は地中海から旧ソ連にかけてのヨーロッパ,エチオピア,中近東~中央アジア,アメリカ合衆国,カナダで広く栽培されている。…

※「エンマコムギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる