エーレ海峡(読み)えーれかいきょう

世界大百科事典内のエーレ海峡の言及

【カテガット海峡】より

…ユトランド半島とスウェーデンの間の海峡。北海とバルト海を結ぶ海峡の東部の水域で,西はスカゲラク海峡に,東は三つの海峡でバルト海につながる。幅60~150km。この海峡の南半はモレーン(氷堆石)源の砂礫底で,20mくらいの深さであるが,北東のスウェーデン側は80m以上で,海底谷がある。バルト海への主水道であるエーレÖre海峡には,中世に海上税関があり,デンマーク王の大きな財源になっていた。現在もバルト海と外海をつなぐ唯一の通商路である。…

※「エーレ海峡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android