オイラーの直線解(読み)おいらーのちょくせんかい

世界大百科事典内のオイラーの直線解の言及

【多体問題】より

…これらの事情は古典力学だけでなく,量子力学で電子などを扱うときにも同じである。古典力学で扱われた特殊な三体問題としては,3質点がつねに一直線に並んでいる場合(オイラーの直線解という),3質点が伸縮する正三角形の配列を保ちながら重心を焦点とする楕円を描く場合(ラグランジュの正三角形解という)などが有名である。 一般の場合の近似法としては,十分に正確な一体問題の解を出発点とし,それからのわずかのずれを摂動とみなす摂動論が,天文学では有効で広く使われる。…

※「オイラーの直線解」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android