コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイラー関数 おいらーかんすう

世界大百科事典内のオイラー関数の言及

【剰余系】より

m=6のとき,1,5は既約剰余系である。mを法とする既約剰余類の個数φ(m)によって定められる関数φをオイラー関数という。mnが互いに素な自然数であるとき,φはφ(mn)=φ(m)φ(n)という関係を満たし,mの素因数分解とすると,φ(m)は,で与えられる。…

※「オイラー関数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オイラー関数の関連キーワード久留島義太

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android