コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバツノマタ

海藻海草標本図鑑の解説

オオバツノマタ

枝の先が二叉分枝するものが多い。根元は細くくびれる。生体の体色は紫がかった濃紅色をしている。からだは膜状で厚みがあり革のような手触りであり,タンバノリによく似ている。しかし,オオバツノマタは基部が細くくびれること,嚢果が肉眼で容易に確認できること,押し葉標本にしたとき台紙につかないことなどで,タンバノリとは区別する事ができる。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

世界大百科事典内のオオバツノマタの言及

【ツノマタ(角又)】より

…前者をもつ体は胞子体,後者をもつ体は配偶体ということになる。近似の種に,ツノマタと同様に本州太平洋沿岸の潮間帯中部に分布するイボツノマタC.verrucosa Mikami(イラスト),潮間帯下部に分布するオオバツノマタC.giganteus Yendo,コトジツノマタC.elatus Holmesがあり,日本海沿岸にはトチャカC.crispus Stackh.がある。また北海道や本州北部の寒海にはエゾツノマタC.yendoi Yamada et Mikami(イラスト)やヒラコトジC.pinnulatus (Harv.) Okamuraが生育する。…

※「オオバツノマタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オオバツノマタの関連キーワードツノマタ(角又)

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android