コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバツノマタ

1件 の用語解説(オオバツノマタの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

オオバツノマタ

枝の先が二叉分枝するものが多い。根元は細くくびれる。生体の体色は紫がかった濃紅色をしている。からだは膜状で厚みがあり革のような手触りであり,タンバノリによく似ている。しかし,オオバツノマタは基部が細くくびれること,嚢果が肉眼で容易に確認できること,押し葉標本にしたとき台紙につかないことなどで,タンバノリとは区別する事ができる。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオオバツノマタの言及

【ツノマタ(角又)】より

…前者をもつ体は胞子体,後者をもつ体は配偶体ということになる。近似の種に,ツノマタと同様に本州太平洋沿岸の潮間帯中部に分布するイボツノマタC.verrucosa Mikami(イラスト),潮間帯下部に分布するオオバツノマタC.giganteus Yendo,コトジツノマタC.elatus Holmesがあり,日本海沿岸にはトチャカC.crispus Stackh.がある。また北海道や本州北部の寒海にはエゾツノマタC.yendoi Yamada et Mikami(イラスト)やヒラコトジC.pinnulatus (Harv.) Okamuraが生育する。…

※「オオバツノマタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オオバツノマタの関連キーワードイギス木の葉石ヘパトーマレギンス海豚二元メリケン針輪虫二股枝す

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone