オクシュリュンコス・パピルス(読み)おくしゅりゅんこすぱぴるす

世界大百科事典内のオクシュリュンコス・パピルスの言及

【トマス福音書】より

…ただしそれが教父たちの証言する文書と同一のものであるかどうかは確かではない。しかしすでに発見されていたギリシア語の〈オクシュリュンコス・パピルス〉断片の一部がこの福音書からのものであることは判明した。2世紀末にシリアで執筆されたと考えられている。…

※「オクシュリュンコス・パピルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android