オシャグジレンダ(読み)おしゃぐじれんだ

世界大百科事典内のオシャグジレンダの言及

【オシャグジデンダ】より

…初秋に開葉し,盛夏には落葉する,ウラボシ科の着生多年生シダ植物。根茎は通常コケなどに埋もれ,径約4mm,茶褐色で,先端部を除いて鱗片は早く脱落する。葉は長さ20~30cm,単羽状深裂,裏面にまばらに長毛があるが,落ちやすい。葉脈は羽状に分岐して,辺縁に達しない。葉は,乾くと葉軸が外へ巻きあがる。胞子囊群は羽軸に沿って両側に1列に並び,包膜はない。デンダは連朶(れんだ)ともいい,シダの古い名の一つ。シャグジは社貢寺とされるが,同名の社寺は現存せず,土俗名とも考えられる。…

※「オシャグジレンダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android