コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オスチャーク

世界大百科事典内のオスチャークの言及

【セリクープ族】より

…ロシア連邦,西シベリアのエニセイ川中流域左岸一帯に住む狩猟・漁労民。旧称はオスチャーク・サモエードOstyako‐samoed。人口3600(1989)。…

【ハンティ族】より

…ウラル語族ウゴル語系の言語を話す。旧称オスチャークOstyak。人口2万2300(1989)。…

※「オスチャーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

オスチャークの関連キーワードフィン・ウゴル語派フィン・ウゴル語派サモエード語派オスチャーク語セリクープ族シベリア人種旧アジア諸語ハンガリー語ウラル系諸族セリクプ語ガン(雁)カストレンサモエードセリクプ族ウラル語族ハンティ語ハンティ族ケット語洪水神話ケット族

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android