オチブナ(読み)おちぶな

世界大百科事典内のオチブナの言及

【フナ(鮒)】より

…孵化した仔魚(しぎよ)は産卵場付近の浅所で発育しながら夏を過ごし,秋までに全長30~70mmに成長して,秋の深まるとともに越冬のため深所へ向かう。この季節のフナを釣人は落ち鮒(オチブナ)と呼んでいる。越冬のための栄養分を蓄積するためか,よく索餌するので乗っ込みとともにフナ釣りの好期でもある。…

※「オチブナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android