コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オットー,K. おっとー

世界大百科事典内のオットー,K.の言及

【コツェブー】より

…その娯楽性を意図した通俗的作品は,観客の趣味に迎合し,当代随一の人気を博した。 なお,次男のオットーOtto Evstaf’evich K.(1788‐1846)は探検家で,世界を3度周航。マーシャル,トゥアモトゥ両諸島のいくつかの島を発見し,アラスカの海岸線を測量して,北西部にコツェビュー湾を発見した。…

※「オットー,K.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報