コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オトルプ おとるぷ

世界大百科事典内のオトルプの言及

【土地改革】より

… 革命鎮圧と最初の国会解散ののち06年11月勅令に始まるストルイピン土地改革は,農民革命に対する反革命であった。すなわち,地主の土地にはまったく触れず,ただプロイセンの1821年〈共同地分割規制令〉に似てほぼ上記の(5)(6)に相当する,農民間での共同地分割,住居移転をともなう団地(フートル)またはともなわない団地(オトルプ)の形成,シベリアへの移民,農民の土地購入に対する金融助成,を進めた。そして革命の拠点となった共同体を解体し,富農を分離して革命の防波堤にしようとした。…

※「オトルプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android