オドゥル(読み)おどぅる

世界大百科事典内のオドゥルの言及

【ユカギール族】より

…ツンドラ・ユカギール(アラゼーヤ川,コリマ川下流域)とタイガ・ユカギール(コリマ川上流域)の二つのグループがあり,両者の間に言語・文化上の差異が認められる。自称名は前者がワドゥル,後者がオドゥル。ユカギール語は従来便宜上,旧アジア諸語に含められていたが,サモエード諸語,アルタイ諸語,チュクチ・コリヤーク諸語などとの親縁関係,さらに,最近の研究ではフィン・ウゴル語派との共通の特徴も指摘され,分類上は問題が残されている。…

※「オドゥル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android