オドントニア(読み)おどんとにあ

世界大百科事典内のオドントニアの言及

【オドントグロッスム】より

…日本では春から秋にかけて開花する種が多く,開花期間が長いため4~6週間観賞できる。属間雑種もオンシジウム属との間にオドントシジウムOdontocidiumミルトニアMiltoniaとの間にはオドントニアOdontoniaが作出されている。越冬には12~15℃以上必要で,夏は夜温度の下がる所を好む。…

【ミルトニア】より

…前者は花が大型で華麗,桃色を主とした花色の変化がすぐれているため,現在多く栽培され,鉢花として市販されている。 ミルトニア属MiltoniaオンシジウムOncidium,ブラッシア属BrassiaオドントグロッスムOdontoglossumなどが近縁で,属間交配が行われており,ミルトニジウムMiltonidium,ミルタシアMiltassia,オドントニアOdontonia等の人工交雑属がある。夏はうす陽にして強光には当てず,涼しくした方が良い。…

※「オドントニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android