コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリュンポス[山] Olympos

世界大百科事典 第2版の解説

オリュンポス[山]【Olympos】

ギリシアの最高峰。標高2917m。現代ギリシア語では,オリンボスÓlimbos。テッサロニキ湾に臨み,マケドニアとテッサリアとの境界をなす。ただし,古代においてはこの名で呼ばれる山はあちこちにあり,それはギリシア先住民の言葉で〈山〉もしくは〈懸崖〉を意味したと思われる。神話ではゼウスをはじめとする神々がその山頂に館を構えた。そこでゼウスはしばしば形容詞〈オリュンポスの〉を添えて呼ばれ,その彼に捧げられた競技会がオリュンピア競技(オリンピック)であり,行われた土地がオリュンピアである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オリュンポス[山]【オリュンポス】

オリンポス[山]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

オリュンポス[山]の関連キーワードオリンポス[山]オサ山オリンボス山ギリシア

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android