オリュンポス[山](英語表記)Olympos

世界大百科事典 第2版の解説

オリュンポス[山]【Olympos】

ギリシアの最高峰。標高2917m。現代ギリシア語では,オリンボスÓlimbos。テッサロニキ湾に臨み,マケドニアとテッサリアとの境界をなす。ただし,古代においてはこの名で呼ばれる山はあちこちにあり,それはギリシア先住民の言葉で〈山〉もしくは〈懸崖〉を意味したと思われる。神話ではゼウスをはじめとする神々がその山頂に館を構えた。そこでゼウスはしばしば形容詞〈オリュンポスの〉を添えて呼ばれ,その彼に捧げられた競技会がオリュンピア競技(オリンピック)であり,行われた土地がオリュンピアである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android