コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレフィン olefin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレフィン

エチレン系炭化水素」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のオレフィンの言及

【アルケン】より

…二重結合一つをもつ脂肪族鎖式不飽和炭化水素の一般名。一般式CnH2nで表される一群の化合物で,オレフィンolefin,オレフィン系炭化水素,エチレン系(エチレン列)炭化水素などともよばれる。古くから用いられていたオレフィンの名称は,気体アルケンが塩素と反応して油状物質をつくることから,ラテン語の〈油oleumをつくる物質〉に由来する(かつてエチレンC2H4は生油気olefiant gasとよばれた)。…

※「オレフィン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オレフィンの関連キーワードアルキルベンゼンスルホン酸塩フィッシャー=トロプシュ法オレフィンメタセシス反応フリーデル‐クラフツ反応大型工業技術研究開発制度フリーデル=クラフツ反応ケミカルリファイナリープラットホーミング法G. ウィッティッヒ熱可塑性エラストマーオクチルアルコールウィッティヒ反応東燃ゼネラル石油フィッシャー合成オイルシェールヒドロキシル化ポリオレフィンクロルヒドリンジェット燃料油チーグラー触媒

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android