コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレフィン olefin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレフィン

エチレン系炭化水素」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のオレフィンの言及

【アルケン】より

…二重結合一つをもつ脂肪族鎖式不飽和炭化水素の一般名。一般式CnH2nで表される一群の化合物で,オレフィンolefin,オレフィン系炭化水素,エチレン系(エチレン列)炭化水素などともよばれる。古くから用いられていたオレフィンの名称は,気体アルケンが塩素と反応して油状物質をつくることから,ラテン語の〈油oleumをつくる物質〉に由来する(かつてエチレンC2H4は生油気olefiant gasとよばれた)。…

※「オレフィン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

オレフィンの関連キーワードアルキルベンゼンスルホン酸塩フィッシャー=トロプシュ法フリーデル=クラフツ反応フリーデル‐クラフツ反応大型工業技術研究開発制度オレフィンメタセシス反応ケミカルリファイナリー熱可塑性エラストマーG. ウィッティッヒプラットホーミング法オクチルアルコール東燃ゼネラル石油フィッシャー合成ウィッティヒ反応ヒドロキシル化ポリオレフィンチーグラー触媒ジェット燃料油オイルシェールクロルヒドリン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android