オースラー病(読み)おーすらーびょう

世界大百科事典内のオースラー病の言及

【オースラー】より

…のち母校の講師(1874)となったのをはじめ,ペンシルベニア,ジョンズ・ホプキンズ,オックスフォードの各大学教授を歴任,教育者としてもその名を高めた。寄生虫に関する研究のほか,血小板,痘瘡(とうそう),結核などに関心をもち,遺伝性出血性毛細血管拡張症(オースラー病),亜急性細菌性心内膜炎(オースラー結節)にその名が残る。ドイツ医学と英米系医学の結合に尽力し,その内科学教科書(1892)は,アメリカをはじめ各国で標準的教科書として広く用いられた。…

※「オースラー病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android