コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オールサーチャージ方式 おーるさーちゃーじほうしき

世界大百科事典内のオールサーチャージ方式の言及

【多目的ダム】より

…サーチャージ容量は一種の余裕量の確保であり,非洪水期にもくるかも知れない小洪水や,洪水期の異常洪水などに備えるための容量である。なお,今まで述べた制限水位方式とは別にオールサーチャージ方式と呼ばれるものがある。年間を通じて一定水位以下に下げておくこの方式は,洪水期と非洪水期を区別せずに,つねに一定の洪水調節容量を確保しておくもので,比較的小流域の貯水池でよく用いられるが,治水が利水計画と競合しやすい難点がある(図2)。…

※「オールサーチャージ方式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android