コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カウィア語 かうぃあご

世界大百科事典内のカウィア語の言及

【アメリカ・インディアン】より

…旧大陸から移動したという推定に基づき,両大陸間のある言語間には親縁関係が予想され,例えばエスキモー・アレウト語族とウラル・アルタイ語族,ホカ語族とマレー・ポリネシア語族など,今までいくつかの比較が試みられてはいるが,確実に証明された事例はまだない。
[音韻と文法――カウィア語の場合]
 音韻・文法について略述するが,この言語はカリフォルニア南部からメキシコに達する広い分布を示すアズテク・タノア大語族に属するアズテク諸語のカウィア語である。この言語の話し手たちは,現在主としてロサンゼルス南東約150km付近にあるいくつかの保留地に住んでいるが,話せる人の数は減少の一途をたどり,今ではわずか100名にも満たない。…

※「カウィア語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone