カエリミヤゲ(読み)かえりみやげ

世界大百科事典内のカエリミヤゲの言及

【土産】より

…ただ従来その内容から宮笥(みやけ)とする説が支持されてきた。笥(け)はいれもののことで,宮笥とは神から授かった器といった意味であり,また日本の贈答習俗の特徴の一つにオウツリと称し,贈物を入れてきた器に食物を少し取り残して返すならわしがあるが,これをミヤゲとかカエリミヤゲと呼ぶ地方もあることから,本来みやげとは神人相饗のため神に捧げたものを下ろしてきたものの意ではないかと解されている。またみやげに土産の字を当てるようになったのは室町末以降のこととされ,このころより土地の名産を強いて求めて贈る風が生まれた。…

※「カエリミヤゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android