コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カギケノリ

海藻海草標本図鑑の解説

カギケノリ

からだは円柱状の直立部を持ち各方面に多数のを出す。基部には不規則に分岐する匍匐茎を持ち,そこから仮根糸を出し岩上に固着する。匍匐茎が伸び,大き な群落を形成する事もある。直立部の下部は軸のみで枝が少なく,上部において各方向に多数の枝を出し,さらに毛状の枝を密に出す。和名はカギケノリではあ るが,カギ状の構造は持たない。非常にもろい海藻で,海水からあげると崩れやすくなるので,採集には注意が必要。生体は紫がかった淡紅色。手触りは軸部は 多少質感がある。枝部は非常に柔らかい。押し葉標本は台紙につく。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典内のカギケノリの言及

【カギノリ(鉤海苔)】より

…北部ヨーロッパ,アメリカ太平洋沿岸および日本近海に分布が知られ,日本では北海道と南西諸島を除く各地沿岸の低潮線付近から漸深帯にかけて生育する。似た種類のカギケノリAsparagopsis taxiformis Collins et Herv.は体の先端にかぎ状の付着器官がないことと匍匐(ほふく)茎が岩上にのびてそこから直立する体が出ることで区別できる。【千原 光雄】。…

※「カギケノリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カギケノリの関連キーワードタマイタダキ(玉戴)キジノオ(雉の尾)海苔