コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カギドノ かぎどの

世界大百科事典内のカギドノの言及

【自在かぎ(自在鉤)】より

…魚形の横木はとくに〈北向き鮒〉とか〈入り鯛〉と称し,俗に〈出鉤入り魚〉というように先端のかぎは家の入口に,魚の頭は逆に家の奥に向けるものとされた。自在かぎは火の神の依代(よりしろ)と考えられ,カギドノ,カギサマなどの敬称でよばれた。自在かぎに一文銭や杓子を結いつけて眼病よけや火伏せの呪としたり,失(う)せ物をした際には〈猿頼もう〉といってかぎの小猿などを紐で結わえると出てくるという。…

※「カギドノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android