コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサベ かさべ

世界大百科事典内のカサベの言及

【トゥカノ】より

…東トゥカノの諸族は,細部を別にすれば,基本的に共通した文化を有している。生業の基本は焼畑による農耕で,主作物の有毒マニオクは,根をすりおろし,毒抜きの処理をしたデンプンでカサベ(カリブ語に由来)という大きなせんべい状のパンを焼く。狩猟と漁労も重要であるが,部族によって異なり,たとえばデサナは前者に重点をおくが,ピラ・タプヤは後者に比重をかけている。…

※「カサベ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カサベの関連キーワードチャイニーズ・ブッキーを殺した男ロッシ(Aldo Rossi)ヴィットリオ グレゴッティパニック・イン・スタジアムペン(Sean Penn)ローズマリーの赤ちゃんジム ジャームッシュカルロ アイモニーノジーナ ローランズラヴ・ストリームスガエ アウレンティジョン・カサベテスニック カサベテスゾエ カサベテスイタリア合理主義メンディーニアメリカの影こわれゆく女ポランスキーカサベテス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android