コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタストロフィー機械 かたすとろふぃーきかい

世界大百科事典内のカタストロフィー機械の言及

【カタストロフィー】より

…70年代よりイギリスのジーマンE.C.Zeemanは,トムのアイデアをいろいろな現象に応用し,トムと並びカタストロフィー理論の開拓者となっている。 カタストロフィー現象は,次のジーマンのカタストロフィー機械と呼ばれるシステムによって実験することができる。ゴムバンドを2個とり,これを伸ばさずに線分状にたたんだときの長さを1として,図1のように半径1の円板(ボール紙で作る)を点Aを中心として自由に回転できるように平面に固定し,この円周上に小穴をあけて二つのゴムバンドのそれぞれの一端を固定し,その一つのゴムバンドの他端を図の点Bに固定した画鋲にかけ,他のゴムバンドの他端Pを手でもって平面上を自由に動かす。…

※「カタストロフィー機械」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone