コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタビ鉱山 かたびこうざん

世界大百科事典内のカタビ鉱山の言及

【オルロ】より

…人口20万1831(1993)。植民地時代は銀鉱山で栄え,その後衰退したが,カタビ鉱山をはじめとするスズなどの非鉄金属の鉱物資源に恵まれ,ボリビア最大のこの鉱業地帯を背景に,20世紀初頭より商業都市として蘇生した。カーニバルの時には,ラ・ディアブラダの儀式が行われ,仮面と仮装した人物によって,インカの征服とキリスト教への改宗が演じられる。…

※「カタビ鉱山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カタビ鉱山の関連キーワードオルロ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android