コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カドワース,D.(読み)かどわーす

世界大百科事典内のカドワース,D.の言及

【カドワース】より

…イギリスの神学者,哲学者。ケンブリッジ大学によって,プラトン哲学の再興を志したケンブリッジ・プラトン学派の総帥。永遠の哲学の立場から,カルバン,デカルト,ホッブズらの思想を批判した。主著に《宇宙の真の英知的体系》(1678),《永遠不動の道徳性に関する論考》(1731)がある。父の遺志を広めた娘のダマリスDamarisも有名。【大沼 忠弘】…

※「カドワース,D.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android