コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カピタ かぴた

世界大百科事典内のカピタの言及

【カピタティオ】より

…しかし帝政前半期については,課税対象となる住民の範囲,課税額などは,一部の属州を除いて明らかではなく,地域によってかなりの差があったものと思われる。300年ごろディオクレティアヌスが再編した課税制度(カピタティオ・ユガティオ制)のもとでのカピタティオの内容は,比較的明確に知られている。それによると,課税の単位であるカピタcapitaは,自由人,コロヌス,奴隷,さらには家畜をも含んだ。…

※「カピタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カピタの関連キーワードグアダループ・マウンティンズ国立公園フェルナンデス・デ・コルドバカピターノ・デル・ポポロ長崎屋源右衛門(初代)カピタンクリンモスクフォン・ド・ゴームカピタン(日本史)バルジェロ美術館ヨセミテ国立公園アマゾナス[州]ヤップ・ア・ロイルチオ ダンブラ大賀九郎左衛門レ・コンバレルオランダ風説書デラ・スカラ家スカラムッチアゴンザーガ家アンドレイニオランダ屋敷

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android