コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カピトリヌス丘 かぴとりぬすおか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カピトリヌス丘
カピトリヌスきゅう

カピトリーノ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のカピトリヌス丘の言及

【タルペイア】より

…細部に各種の異伝を含みつつ長く伝えられた。タルペイウスはユピテル神殿のそびえるカピトリヌス丘の古名(元は在地の神の名か?)で,丘の南側断崖が後までタルペイウス岩壁と呼ばれた。ここから突き落とす刑罰が古くは内通・偽証の罪人に,帝政期には皇帝侮辱犯に課せられたので,刑罰と丘の古名から裏切り女タルペイアの伝説が生まれたのであろう。…

※「カピトリヌス丘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カピトリヌス丘の関連キーワードタルクイニウス・スペルブス凱旋式[古代ローマ]ロムルスとレムスグラックス兄弟タブラリウムユウェンタスミネルウァタルペイアローマ七丘ブレンヌスユピテルポルセナミネルワファスチユノ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android