コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプリーリ,F. かぷりーり

世界大百科事典内のカプリーリ,F.の言及

【馬術】より

…19世紀にはフランスのソーミュールの騎兵学校のドール子爵Comte Antoine d’Aure(1798‐1863)が柔軟な乗馬を唱え,これに対してボーシェFrançois Baucher(1805‐73)が格式を重んじた馬術を説いて,ここに近代馬術の基礎が築かれた。さらにイタリアの大尉カプリーリFederico Caprilliによる騎乗法の改良などが加わり,馬術はスポーツとして確立し,1912年の第5回ストックホルム・オリンピック大会から正式種目として採用された。ただし,実際の出場者は48年ロンドン大会まで軍人中心であった。…

※「カプリーリ,F.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android