コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプリーリ,F. かぷりーり

世界大百科事典内のカプリーリ,F.の言及

【馬術】より

…19世紀にはフランスのソーミュールの騎兵学校のドール子爵Comte Antoine d’Aure(1798‐1863)が柔軟な乗馬を唱え,これに対してボーシェFrançois Baucher(1805‐73)が格式を重んじた馬術を説いて,ここに近代馬術の基礎が築かれた。さらにイタリアの大尉カプリーリFederico Caprilliによる騎乗法の改良などが加わり,馬術はスポーツとして確立し,1912年の第5回ストックホルム・オリンピック大会から正式種目として採用された。ただし,実際の出場者は48年ロンドン大会まで軍人中心であった。…

※「カプリーリ,F.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android