コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カホキア遺跡 かほきあいせき

世界大百科事典内のカホキア遺跡の言及

【ミシシッピ文化】より

…北アメリカ東部の森林地帯に,ウッドランド文化につづいて発展し,ヨーロッパ人の植民地建設時まで継続していたアメリカ・インディアンの先史文化をいう。メソアメリカからの間接的影響をうけてミシシッピ川中流域でまず発達し,のちに周辺に広まったと考えられている。方形の広場を伴う寺院基壇用のマウンドが特徴的であり,発達した宗教体系をもち,集約的農業や土器製作などの技術の発達で特徴づけられる。寺院基壇用のマウンドは上面が平坦で,その上に寺院,首長の住居,そのほかの重要な建物が建設されたと考えられている。…

※「カホキア遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone