コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カポール kapur

大辞林 第三版の解説

カポール【kapur】

フタバガキ科の常緑大高木で、インドネシア・マレーシアなどに分布するドリオバラノプス属の樹木の総称。樹高50~60メートル、直径1~2メートルに達する。竜脳りゆうのうを含むため強い芳香を持つ。心材は赤褐色、やや重硬で強い。合板・床板などに用いる。カプール。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のカポールの言及

【外材】より

… 南洋材と呼ばれる木材の中には百数十属からの樹種が含まれ,その樹種の数は1000を超えると考えてよい。しかし,材積で考えるとその大半は依然としてフタバガキ科の樹種,とくにラワン・メランチ類,アピトン・クルイン類,カプール(現地読みではカポール)類などで,これらは南洋材輸入量の約80%くらいと推定される。
[米材(北米材)]
 カナダおよびアメリカから輸入され,針葉樹材が主で,若干量の広葉樹材を含んでいる。…

【フタバガキ(双葉柿)】より

…1977年に発見された南アメリカの種類もアフリカのものに近い。東南アジアのフタバガキ科は木材の利用上きわめて重要で,それにはラワン・メランチ類(Shoreaなど),アピトン・クルイン類(Dipterocarpus),カポール(Dryobalanops)など,日本の木材市場で広く知られるものが含まれる。リュウノウジュ属Dryobalanopsの樹木からはショウノウ(樟脳)に似た成分のリュウノウ(竜脳,ボルネオール)が得られる。…

【リュウノウジュ(竜脳樹)】より

…この属の木材は,心材が赤褐色~橙褐色,気乾比重0.6~0.8で,工場や作業場の床板,合板,トラック等の荷台,建築部材等に広く用いられる。東南アジアから日本へ輸入されている南洋材中の主要木材の一つで,インドネシア,マレーシアの通称であるカポールkapurの名で知られる。外材【緒方 健】。…

※「カポール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カポールの関連キーワードフタバガキ科カプール赤褐色心材竜脳

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android