コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラト島 からととう

世界大百科事典内のカラト島の言及

【蝦夷地】より

…もっとも和人地内にも近世後期まで一定のアイヌが居住していたが,アイヌ民族全体からみれば,これは例外的な存在にすぎなかった。こうした地域区分策を実施したうえで,和人地に近い南部の蝦夷地を口(くち)蝦夷地・近蝦夷地,南千島を含む東北海道部を東蝦夷地・下蝦夷地,熊石以北宗谷までの日本海側および宗谷から知床岬に至る北海道西北部を西蝦夷地・上蝦夷地,樺太(現,サハリン)を当初カラト島・カラフト島,1809年(文化6)以降北蝦夷地と称したが,和人地の範囲が,近世初頭には西は乙部村,東は亀田以南の石崎村,17世紀末に西は熊石村,東は石崎村,1800年(寛政12)には小安~野田追間の箱館6ヵ場所の〈村並〉化に伴い東の境が事実上山越内(現,八雲町)まで北上するなど,若干の変動がみられたため,蝦夷地の南限も時代によって若干の変動がみられた。
[蝦夷地開発]
 近世における蝦夷地開発は,おおむね(1)近世初期~1798年,松前藩による蝦夷地支配の時期,(2)1799‐1854年(寛政11‐安政1),幕府直轄および松前藩復領期,(3)1855年~幕末,幕府再直轄期,の3段階を経て行われた。…

※「カラト島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone