コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラマン からまん

世界大百科事典内のカラマンの言及

【カラマン侯国】より

…1250?‐1487年。最初の首都はラランダLaranda(カラマンKaraman),後にコニヤ,最後はシリフケSilifke。創設者は,オグズ・トルクメン族中の一集団といわれ,はじめイル・ハーン国に所属してキリキア方面にあり,ルーム・セルジューク朝のカイクバード1世(在位1220‐37)の頃に,アルメニア人からエルメネクErmenekの地を奪い,この地に勢力を扶植した。…

※「カラマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カラマンの関連キーワードギリシャ総選挙―与党中道右派薄氷の勝利コンスタンティノス カラマンリスアハメドパシャカラマンリーモスクギリシア・クーデターギリシア史[近代]オタン・トゥラルカラマンリス政権バランカベルメハメフメト(2世)バーバーイー運動ムラト(1世)メフメット2世クディヤッタムムラト(2世)サンタンデル州カラマンリスミツォタキスカラマン侯国新民主主義党グルジモスク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カラマンの関連情報