コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラーペーパー colour paper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラーペーパー
colour paper

発色現像法のカラー写真用多層式印画紙。カラーネガからプリントするためのネガ・ポジ方式のものと,カラースライドからプリントするための反転現像方式のもの (カラー反転ペーパーと呼ぶこともある) とがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のカラーペーパーの言及

【印画紙】より

…一般現像紙には,その階調(コントラスト)が軟調から超硬調まで5段階に分けられているものもあり,いろいろな特徴があるので,写真焼付けに際しては,面種,密着か引伸しかの違い,さらに陰画の濃淡によって適切なものを選ぶことがたいせつである。 なお,カラー写真用の印画紙(カラーペーパー)では,支持体の上に青色光,緑色光,赤色光にそれぞれ感光する三つのハロゲン化銀乳剤層が重ねて塗布してあり,発色現像によってカラーネガフィルムの色像と補色の関係にある色像が得られるようになっている。
[その他の印画紙]
 一般現像紙以外の印画紙としては,現像方式の違いにより,安定化用紙,反転現像紙,拡散転写紙,熱現像紙,焼出印画紙などがある。…

※「カラーペーパー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カラーペーパーの関連キーワードクイリングカラーペーパーカラーネガフィルムメモリーコラージュカラーフィルムポラカラー写真印画紙漂白定着液漂白液

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android