カラー反転フィルム(読み)からーはんてんふぃるむ

世界大百科事典内のカラー反転フィルムの言及

【カラー写真】より

…これをカラーペーパーに焼き付け反転し,被写体と同じ明暗,色彩のポジ像を再現する。そのほか,直接ポジ像が得られるカラー反転フィルム,映画用のカラーポジフィルムなど用途に応じて多種類のカラー写真が開発され実用に供されている。 カラー写真の多層構成の順序は種類によっても異なるが,例えばカラー反転フィルムでは図1のものが代表的である。…

【カラーフィルム】より

…被写体の色と明暗の調子を記録する感光フィルムで,ふつう発色現像方式による多層構成の減色法カラーフィルムが用いられている。カラーフィルムには,ネガ像が得られるカラーネガフィルムと,直接ポジ像が得られるカラー反転フィルムとがある。カラーネガフィルムでは,被写体と明暗が逆で補色となっている色彩像が得られるので,これをカラーペーパーあるいはカラーポジフィルム(主として映画用)に焼付け反転して,被写体と同じ色で同じ明暗の調子をもつポジ像を再現する。…

※「カラー反転フィルム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android