コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラー魚探 からーぎょたん

世界大百科事典内のカラー魚探の言及

【魚群探知機】より

… テレメトリー(遠隔測定法)の発達に伴い,離れたところで働かせて情報をとることも盛んになり,底引網のヘッドロープに送受信器をつけて,網口の高さ,魚の入網状況,離底距離などを船上で知ったり(ネットレコーダー),巻網の網裾の沈降状況を確認したり(ネットゾンデ),定置網の魚群の入網状況を陸上で監視し,効率的に揚網を行う(テレサウンダー)などにも用いられている。 密集群(浮魚,底魚),単体(マグロなど),プランクトン(シラス,サクラエビなど)などいろいろの対象に対して有効な魚探が開発されており,魚によって反射の強さが異なることから,反射信号の強さに比例して,カラー表示をするカラー魚探もできている。ただ,基本的な構成は発信器―送受波器―増幅器―記録器から成り,変わっていない。…

※「カラー魚探」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android