コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリナン かりなん

1件 の用語解説(カリナンの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

カリナン

アフリカ共和国で1905年に発見された3106カラット(621.2グラム)のダイヤモンド原石、およびそれから分割カットされたダイヤモンドのこと。サー・トーマス・カリナンが所有する同国北東部のダイヤモンド鉱山「カリナン鉱山」で採掘され、同国政府に売却された後、07年にイギリス王室エドワード7世に贈られた。後、原石はカナリン1世~9世と名づけられた九つと96の小粒に分けられカットを施された。最も大きなカナリン1世(530.2カラット)は「グレートスター・オブ・アフリカ」と称され、2016年2月現在、無色透明のカット・ダイヤモンドとしては世界最大(全カット・ダイヤモンド中2位)で、エドワード王の王笏(おうしゃく)に飾られロンドン塔に陳列されている。

(2016-2-18)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカリナンの言及

【ダイヤモンド】より

…伝説によれば,フランスのダイヤ商人タベルニエJ.B.Tavernier(1605‐89)が1668年ころインドの寺院でラーマーシーターの神像の目からそれを盗み取ったためのたたりだという。なお世界最大のダイヤモンドといわれる南ア産の〈カリナンCullinan〉は原石が3106カラットあったといわれ,現在は数個に分割されてイギリス王室の王冠や笏に飾られている。【荒俣 宏】
【鉱物学的性質】
 化学組成は炭素で,石墨(黒鉛)と同じであるが,結晶構造がまったく異なる多形の関係にある。…

※「カリナン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カリナンの関連情報