コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > カリマトバクテリウム・グラヌロマチスとは

カリマトバクテリウム・グラヌロマチス かりまとばくてりうむぐらぬろまちす

世界大百科事典内のカリマトバクテリウム・グラヌロマチスの言及

【性行為感染症】より

…軟性下疳菌による軟性下疳は,感染後数日以内に外陰部に潰瘍が生じる。腸内細菌であるカリマトバクテリウム・グラヌロマチスCarymatobacterium granulomatisによる鼠径肉芽腫は,欧米の同性愛男性間の肛門性交により感染し,男性の外陰部に潰瘍の出現する疾患である。
[ウイルスによる性行為感染症]
 陰部疱疹,伝染性軟属腫,尖圭コンジローマなどがある。…

※「カリマトバクテリウム・グラヌロマチス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報