コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルカッタ植物園 かるかったしょくぶつえん

世界大百科事典内のカルカッタ植物園の言及

【植物園】より


[世界の植物園]
 研究を主目的とする植物園は生きた植物を栽培するための広大な面積と温室などの設備,それに研究室と,付属設備としての図書室とハーバリウム(植物研究資料標本館)を必要とするので膨大な経費を要し,ほとんどのものが国公立,または国公立の大学付属となっている。イギリスは大英帝国の時代に,ロンドン西郊のキュー植物園を中心に,スコットランドのエジンバラ植物園,インドのカルカッタ植物園,スリランカのペラデニア植物園,シンガポールのシンガポール植物園,オーストラリアのシドニー植物園などにそれぞれ設備を整え,共同研究の体制を組んだ。植物園に栽培できる植物は種数でも個体数でも限定されたものであり,世界中に生育する植物の比較研究をするためにはハーバリウムは不可欠であり,これらの植物園にはすべて所蔵標本点数でも世界屈指のハーバリウムが付設されている。…

※「カルカッタ植物園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone