コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルナー かるなー

世界大百科事典内のカルナーの言及

【愛】より

…原義は〈ミトラmitra(友)〉に由来する〈友情・友愛〉であるが,仏教では,とくに〈いつくしみ〉として尊重される。 梵巴〈カルナーkaruṇā〉:〈悲・慈悲〉。原義は〈うめき〉であるとも言われ,〈(他者の苦痛をわがこととして)苦しむこと・嘆き悲しむこと〉から,〈同情・あわれみ〉を意味するようになった。…

【慈悲】より

…仏教で説くあわれみの心,いつくしみの心。サンスクリットでマイトリーmaitrīあるいはカルナーkaruṇāという。慈と悲と区別していう場合は慈がマイトリー,悲がカルナーに相当する。…

※「カルナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カルナーの関連キーワードチャームンディシュッワリ寺院マイソール(カルナータカ)インフォシステクノロジーズM.N. シュリーニバスヒンドゥスターニー音楽フブリ・ダールワールコラール(インド)シュラバナベルゴラフブリダールワールブリンダーバン庭園カルナータカ戦争ソームナートプルカルナータカ音楽チングレプットビダーナサウダケーシャバ寺院バーダーミ石窟チクマガルールチトラドゥルガカルナティック

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルナーの関連情報